医薬品登録販売者協会

役割・概要/生涯学習研修会/登録販売者試験/入会案内 /支部・役員/アクセス/リンク集/問い合わせ

山口県医薬品登録販売者協会ホームページへようこそ。

医薬品販売制度実態把握調査結果

医薬品登録販売者の医薬品販売、情報提供等の担う立場にあることから、一定水準以上の研修を実施し、その質の向上を図る必要があります。厚労省は登録販売者に対して外部研修、研修時間を設置し、研修後は受講印を押します。これは毎年行われます。

山口県医薬品登録販売者協会では厚生労働省のガイドライン監修指導に基づき厚生労働省後援で研修会を実施します。
厚生労働省のガイドライン監修指導に基づいて厚生労働省後援で研修会を実施しているのは山口県医薬品登録販売者協会です
山口県でお勤めの医薬品登録販売者は研修会に参加しなくてはけません。
年4回の研修会を行います。毎回終了後に協会発行の手帳に受講終了印を押します。手帳は勤務先等に保管して行政から提示を求められたら見せてください。研修会詳細


厚労省通達
登録販売者個人:
医薬品等の有効性・安全性その他これらの適正な使用に関する知識と理解を深める為に自ら積極的に研修を受講しなければならない
登録販売者を雇っている事業者:すべての登録販売者に対して外部の研修実施機関が行う研修を受講させる必要がある
研修実施機関(登録販売者協会):研修内容がガイドラインで示す事項を満たしていること

当ホームページへお越しいただきありがとうございます。
医薬品が販売できるのは薬剤師と私たち登録販売者です。私たちは登録販売者の皆さんの地位の向上、生涯教育の実施はもちろん、登録販売者を目指す方々を応援してまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

私たちの団体は、「活動の原点及び視点を県民(生活者)に置く」団体です。

私たちの協会は、一般用医薬品販売の専門家である「登録販売者の職能団体」として、国が推進するセルフメディケ-ションを担う団体です。

私たちの協会は、県の行政との連携を取りながら上部団体の社団法人全日本医薬品登録販売者協会(全薬協)並びに厚生労働省等からの「最新情報を提供する」団体です。

私たちの協会は、「登録販売者の資質の向上を図る」ため研修事業等を強力に推進し、登録販売者の「社会的地位の向上を図る」とともに「職能の拡大を目指す」団体です。

私たちの協会は、登録販売者の権利を守るとともに登録販売者の「社会一般の福祉の向上」に努めています。



毒劇物試験案内